えいのTCG冒険記録

カードゲームとか日常について書いたり

【バトスピ】競技シーンにおける2018年前期環境まとめ

 

 

えいと申します

 

2018年前期の大型公式大会は3on3CS各エリア予選・世界大会第1回第2回バトラーズカップといったところでしょうか

 

これらが終了して間もないわけですが、10/27発売の神煌臨編第3章より個人CS店舗決勝戦第3回バトラーズカップ個人CSエリア予選と2018年後期環境が始まっていきます

 

このあたりで競技シーンでの前期の環境を振り返っておこうかなと

 

暇な人は見ていってください

 

 

.................................

 

4月〜

ドリームデッキ2種+神煌臨編第1章環境

 

 

 

アイツノヴァ

f:id:ei_1423:20181014234555p:plain

 

f:id:ei_1423:20181014191405j:image

↑サンプルレシピ〈通常構築〉

    第1回バトラーズカップベスト8

    レシピ提供者:天パ君

※掲載許可いただきました

 

 

アイツカード"と各種ヴルムスピリットで強力な手札増強を行い、"超神星龍ジークヴルム・ノヴァrevival"によるライフ回復コア回収ハンデスでゲームを終了させるデッキタイプ

一月幼神ィアヌス・キッズ"によるメインステップ煌臨を行い、フラッシュタイミングを挟ませることなくプランを実行させるパワーを持つ

使ったコアが全て戻ってくることから"トライアングルバン"の6コスト指定によるアレックス封殺を容易に行え、ハンデスを行ったターンに決めきることも多々

 

2018前期環境初期では間違いなくこのデッキタイプが環境の中心といって間違いないでしょう

ノヴァというデッキタイプは神煌臨編第1章が発売する前から活躍していたデッキタイプで、オメガモンノヴァやら最速ノヴァやらアイツノヴァやら色んな形を持ちつつ2017個人CS末期でも結果を残しながら神煌臨編初期環境でもトップに君臨したというわけである

ドリームデッキに収録された"馬神 弾"、神煌臨編1章に収録された"闇輝石六将 砂海賊神ファラオム"等によるミラー意識、長く使われていることによりブラッシュアップされた構築等も環境トップに君臨した大きな要因であると思う

 

3on3CSではブロックアイコン制限ルールが適用されるのでアイツカードの使用不可によりあまり姿を見ませんでした

 

9月の禁止制限改訂でアイツのカード、ディアヌスキッズが制限カード〈1〉に指定されるまで長く愛され、憎まれるデッキタイプとなりました

 

 

 

 

機獣

f:id:ei_1423:20181014234637j:plainf:id:ei_1423:20181014234647j:plain

 

f:id:ei_1423:20181014195746j:image

↑サンプルレシピ〈通常構築〉

   第1回バトラーズカップ使用

   レシピ提供者:えい

 

 

神煌臨編1章により強化されたデッキタイプのうちの1つ

新カードタイプ"創界神ネクサス"は壊されない足場、強力な効果といった具合で各種構築の軸となりました

このデッキタイプは、"創界神アルテミス"によるアンブロック付与打点追加、溜まったコアを使用することによるダメージの無効化を軸とした攻めと守りに強力なデッキタイプ

幻魔神"、"白夜の宝剣ッドナイト・サンrevival"等による耐性付与と"月天神獣ファナテック・エルク"、"黒皇機獣ダークネス・グリフォンX"、"丑の十二神皇 アバランシュ・バイソン"のバウンス効果により盤面勝負においても抜かりがない

通常構築における競技シーンでは、神皇編環境で猛威を振るった白神皇のパーツ類も系統:機獣を持つので、グロリアスシープアバランシュバイソンレイザウラーも活躍することに

 

2018前期環境初期では、グロリアスシープによるあらゆるダメージの無効化ラ=イリュジオンによるデッキの回復のコンボが注目され、ゲームの長時間化が問題となり6月よりグロリアスシープが制限カード〈1〉に指定されることに

しかし、超耐久がなくなったその後もデッキパワーは健在で、1章のカードでほとんど組めることからも人口がやはり多いデッキタイプとなった

 

3on3CSではブロックアイコンの制限をほとんど受けないためほぼ全てのチームで採用されたデッキタイプである

f:id:ei_1423:20181014193805j:image

↑サンプルレシピ〈ブロックアイコン4.5構築〉

   2018年3on3CS九州準優勝

   レシピ提供者:えい

 

 

 

 

 

妖蛇

f:id:ei_1423:20181014234802j:plainf:id:ei_1423:20181014234818p:plain

 

f:id:ei_1423:20181014231206j:image

↑サンプルレシピ〈通常構築〉

   レシピ提供者:おとなし

※掲載許可いただきました

 

 

神煌臨編1章により強化されたデッキタイプのうちのひとつ

2017個人CSでも活躍していたデッキだが"創界神オシリス"、"冥界蛇神アウザール"などの追加により更に隙のない構築へ

2018前期環境初期では、アイツノヴァ機獣が台頭していたこともあり、赤耐性・白耐性をばら撒きながら打点抑制を行う"水晶竜リマナイト"が強烈に刺さる環境に

更には手札保護バウンス耐性持ちのスピリットもあり、アイツノヴァ機獣への有利をつけながらこちらも爆発的に人口を増やすことになった

また、シリマナイトを除去するためにスプラッシュザッパードーベルドッグの採用が各種のデッキで多く見られ、妖蛇側もシリマナイトを"闇楯の守護者ナーガンに差し替えるなどの柔軟な対応を見せていくことになった

 

3on3CS1章環境では、機獣星竜の次に3種目のデッキとしてこのデッキタイプを採用する人も少なからず見られた

f:id:ei_1423:20181014201625j:image

↑サンプルレシピ〈ブロックアイコン4.5構築〉

   2018年3on3CS九州準優勝

   レシピ提供者:おとなし

※掲載許可貰ってない まあええやろ

 

 

 

 

星竜

f:id:ei_1423:20181014235002j:plainf:id:ei_1423:20181014235038p:plain

創界神アポローン馬神弾アポロドラゴンXアポロヴルムシャイニングソードrevival等々の強化を授かったデッキタイプ

 

強力なライフバーン性能を持ち、3on3CSでは機獣と共にチーム採用率2トップへ

 

通常構築戦での主な活躍はノヴァの制限後によるのであとで詳しく書きます

 

 

 

断罪ランプ

f:id:ei_1423:20181014235201j:plain

 

各種強力なコアブーストポルック&カスターテッポウナナフシによる手札の回転を行い断罪剣を背負って追加ターンに持ち込むゲームプランを軸とする

 

3on3CS1章環境において、星竜機獣に次ぐサードデッキとしてかなり数を増やした

インペリアルドラモン パラディンモードや"道化神ポルック&カスターなど高いカードを多数使用するためかあまり数をみないが強力なデッキタイプである

 

 

 

タイタス

f:id:ei_1423:20181014235255j:plain

 

f:id:ei_1423:20181014194616j:image

↑サンプルレシピ〈通常構築〉

   レシピ提供者:おとなし

※掲載許可貰ってない 問題あったら言ってくれ

 

 

デッキ破壊対策が甘いこと、創界神により勝手に対面の山が薄くなること等の影響もあるがやはりデッキ破壊は一定数の愛好者がいるのでこちらも環境のひとつへ

十二月幼神クロノデック・キッズ"によるメイン煌臨で相手になにもさせることなくゲームエンドまで持ち込むゲームプランを持つ

こちらの台頭により"アフターイメージ"の採用が各種デッキで見られたが、そもそもどこの位置でアフターイメージが捲れるか、アフターイメージで止まってもタイタスタイタスを乗せることによる駄目押し等もあり完全な封殺はやや難しいデッキタイプである

 

3on3CS1章環境2章環境共に、星竜機獣に次ぐ3種目のデッキタイプとして採用するチームが多く見られ、かなりの結果を残した

 

 

 

 

創界神ターボ

f:id:ei_1423:20181014235450j:plainf:id:ei_1423:20181014235538j:plain

 

f:id:ei_1423:20181014203029j:image

↑サンプルレシピ〈通常構築〉

   レシピ提供者:おとなし

※掲載許可いただきました

 

 

龍皇海賊団 見張りのネコジャジャ"、"ブレイドラrevival"と各種創界神を駆使して尋常じゃない速度で手札増強を行う

このギミックを用いてフィニッシュをどこに持っていくかで多様なデッキが見られた

 

凄い勢いで流行ったが9月よりネコジャジャが禁止カード、ブレイドラrevivalが制限カード〈1〉に指定されたことにより消えてしまった

 

 

 

 

 

 

9月〜

神煌臨編第2章+ドリームブースター環境

 

 

星竜(赤界渡)

f:id:ei_1423:20181014235646j:plainf:id:ei_1423:20181014235700j:plain

 

f:id:ei_1423:20181014201144j:image

↑サンプルレシピ〈通常構築〉

   大分非公認CSジーニアスフォーム杯ベスト8

   レシピ提供者:あいの君

※掲載許可いただきました

 

f:id:ei_1423:20181014232307j:image

↑サンプルレシピ〈通常構築〉

   レシピ提供者:おとなし

※掲載許可いただきました

 

 

龍星の射手リュキオース"、"吟遊詩竜オルフェスタードラゴン"等の追加により耐性持ちの機獣等をバシバシシバくことが可能になった

雷轟龍ヴァリヴァースコアロック、"創界神アポローン"、"馬神 弾"、"輝きの聖剣 シャイニング・ソードrevival"等を用いたバーンダメージをゲームプランとするデッキタイプである

 

3on3CSでもほぼ全てのチームで採用されたデッキタイプ

 

 

 

機獣

f:id:ei_1423:20181014235810p:plainf:id:ei_1423:20181014235848j:plain

 

f:id:ei_1423:20181014202717j:image

↑サンプルレシピ〈通常構築〉

   レシピ提供者:えい

 

 

神聖機獣ライトニング・ケリュネイアー"、"ネメアー・レオSVL-00"、"メイ・メリーハッダ"の追加により更なる強化と安定性を授かった

ゲームプランは1章環境と変わらないが、ノヴァの弱体化に伴い爆発的に増加した星竜に対してネメアーレオが強く刺さる

また、ネメアーレオはあらゆる玩具を粉砕するカードなため競技シーン以外でも尋常じゃなく嫌われているカードである

 

こちらも3on3CS2章環境でもほぼ確実に採用されたデッキタイプである

 

 

 

天霊 

f:id:ei_1423:20181015000542j:plainf:id:ei_1423:20181015000616j:plain

 

神煌臨編2章により強化されたデッキタイプ

創界神イシス"と"星天使女神イシスター"等の各種アルティメットを軸とする

ライフバーンライフ回復をゲームプランとし、自身のライフを削る効果によって各種ライフ減少バーストを起動させるといったテクニカルな動きも得意とする玄人好みのデッキタイプ

構築とプレイングに大きく傾くため下手くそな筆者は絶対に握れない

 

3on3CS2章環境では、星竜機獣の次に採用率の高かったデッキタイプである

 

※天霊のサンプルレシピ誰かください

 

 

 

獣頭

f:id:ei_1423:20181015000057j:plainf:id:ei_1423:20181015000150j:plain

 

f:id:ei_1423:20181014205745j:image

↑サンプルレシピ〈通常構築〉

   バトラーズカップベスト8

   レシピ提供者:リュキ君

※掲載許可いただきました

 

 

こちらも神煌臨編2章により強化されたデッキタイプ

創界神セト"と"砂海嵐神タイフォーム"等の各種アルティメットを軸とする

盤面処理連続アタックアタックステップ終了効果持ち防御札の封殺をゲームプランとするデッキタイプである

ドリームブースターで"蒼海の神域"が追加され召喚時効果の封殺も強力なゲームプランに据え、現環境において機獣に対して役割を持つことに成功

創界神セトに大きく依存するため上記のデッキタイプと比べるとやや数をみないが次弾による強化も決定しているため人口を増やすことが容易に想像できる

アタックステップ終了効果の封殺cip効果封殺創界神メタ盤面除去耐性等で青特有のメタゲームを展開していくことだろう

 

 

 

剣獣

f:id:ei_1423:20181015000427j:plainf:id:ei_1423:20181015000524j:plain

 

こちらも神煌臨編2章により強化されたデッキタイプ

創界神ヘルメス"を軸とし、"七大英雄獣 光速神王オデュッセイバー"等の強力な中コスト帯スピリットを各種展開、"キングタウロス大公revival"という強力なフィニッシャーも携えているデッキタイプである

ドリームブースターで追加された"兵堂 剣蔵"によりオデュッセイバー界放効果の安定性の上昇、"ヘルメスの竜巻神殿"のアタックステップ終了効果封殺による機獣への役割、キングタウロス大公revivalの再録等で徐々に数を増やしていったデッキタイプである

メタビートを得意とするデッキタイプであるため現環境での役割は獣頭に近い

こちらも次弾での強化が決定しているためどういった構築の進化を見せていくかが興味深い

 

※剣獣のサンプルレシピ誰かください

 

 

 

 

妖蛇

f:id:ei_1423:20181015000825j:plain

 

f:id:ei_1423:20181014212539j:image

↑サンプルレシピ〈通常構築〉

   大分非公認CSジーニアスフォーム杯優勝

   レシピ提供者:おとなし

※掲載許可貰ってない こんだけ載せてるしもうええやろ

 

 

もうずっといるんじゃないかなこのデッキ

1章環境と変わったところといえば、"ピラミッドボア"が2章から参戦し、"オシリスの地底神殿"とのシナジーによるデッキ圧縮がより円滑になりました

またファラオムネメアーレオ等が各地域の環境に合わせて採用されているのも特徴

2章環境では、機獣ケリュネイアー天霊各種ライフ回復剣獣コアブーストに対して"紫の聖遺物"が強力に刺さるため現環境ではほとんどの妖蛇に採用されていますかね

 

 

 

タイタス

デッキ破壊愛好者は一定数いるため常にいる

競技シーンにも出てくる

怖い

当たりたくない

 

....................................

 

途中から雑になっていったのバレましたかね

 

まとめてみると数多くのデッキタイプが活躍した環境だったのではないかと思います

 

前期の環境を踏まえたうえで後期環境に向けてよりよいデッキを組んでいこうと思います

 

それでは