えいのTCG冒険記録

カードゲームとか日常について書いたり

愚痴

 

 

ヴァイスの話

WGP2018博多

タイトルカップSummer Pockets

出てきました

この日のために9月からずっと構築を練ってきたのでその結果報告

愚痴だらけ

 

 

構築

f:id:ei_1423:20181104150855j:image

加藤 うみ 4枚
“働き者のメイドさん”鴎 4枚
“冒険のはじまり”鴎 3枚
“白羽の伝承”しろは 3枚
“トンボ玉の思い出”蒼 2枚
“とっておきの冒険”鴎 2枚
“夕暮れの灯台”紬 2枚
“いつも見ていた夢”鴎 4枚
“お互いの場所”しろは 3枚
ちび紬 2枚
“おとーさん”羽依里 2枚
“休日の制服”しろは 2枚
“圧力と反発”鴎 1枚
“夏の思い出”鴎 4枚
“それは夏のせい”蒼 3枚
“夏の思い出”しろは 1枚
お別れの挨拶 4枚
スタート地点 4枚

 

NO IMAGEは『休日の制服 しろは』です

今大会プロモだからかガチャログさんには画像はまだありませんでした

f:id:ei_1423:20181104164856j:image

 

 

対戦成績

 

1回戦 風宝 後手 時間切れ両者✖︎

 

終わり

 

対面テキスト確認多すぎ長考しすぎでプレイくっっっっそ遅かったんで早くするようゲーム中3回注意しましたが結果はこれ

 

 

 

構築とデッキ選択理由について

イカプ専用構築です

サマポケでは蒼ちゃん推しなので風電源を使用するつもりでした

10月8日バトスピ大分非公認を蹴って同日同会場のヴァイスシュヴァルツのCSに出てたわけですが風電源サマポケ握って結果3-2予選落ち ひとつは完全なプレミで勝ち確逃したんで実質4-1 感触としては悪くなくタイカプでも使うつもりでした

しかしタイカプは名の通り同じタイトルのみしか存在しない大会です

サマポケの強い動きは風CX連動しろは早出しなわけで当然風を軸にするプレイヤーは多いと予想されます

f:id:ei_1423:20181104165611j:image

f:id:ei_1423:20181104170959j:image

風連動構築は風電源、風宝、風扉とまあ主に3種存在するわけですがそれぞれ以下の特徴があります

 

風電源:蒼藍連パン 電源CXにより打点が作れずダメージレースでサマポケ全てのデッキタイプに負ける 電源はブレ幅がデカイ

f:id:ei_1423:20181104165704j:image

 

風宝:8積み1000/1 サマポケは軒並みパワーが低く応援も強いものが存在しないため3鴎のクロックシュートがほぼ確実に決まる 光景当然強い 宝なので安定してCXが打てる

f:id:ei_1423:20181104165850j:image

 

風扉:8積み1000/1 思い出圧縮が他より若干強くキャン率も若干高い しかし同タイトルに光景内蔵の鴎がいるためクソ山作られる可能性を若干高く抱える サマポケタイトル唯一のレベル3早出し持ちなうえヒール内蔵うみをコンセプトに沿った形で多投できる 扉で比較的手札は安定

f:id:ei_1423:20181104165759j:image

f:id:ei_1423:20181104170009j:image

 

タイトルカップで風電源を握る意味の薄さに早々に気付き風宝を握る方針に切り替え

しかし1回も負けられないタイカ

風連動ミラー多発で運に弄ばれるのを嫌い別のアプローチを考える

そう8宝構築

いわゆるアグロデッキである

毎ターンCX貼って殴り続けてダメージレースで勝るのだ

しろは連動されようがCX貼ってチャンプアタックして毎ターン3面供給すれば勝ち

8宝には鴎軸と紬軸が存在する

光景持ちのカードを使わない理由がないので当然鴎軸に

レベル1選抜で『いつも見ていた夢 鴎』と『夏の思い出 紬』で一瞬悩むものの、①メイド鴎によるサーチ対象である、②確実に手札が増える(引っ張るものは相手が選択するが)、③山削りが弱いタイトルなので殴りながら山を削ることで相手と差をつけることができる 以上の3つの理由より夢鴎を選抜

f:id:ei_1423:20181104165417j:image

f:id:ei_1423:20181104165328j:image

先ほどチャンプで毎ターン3面供給と言いましたがそれは最悪の場合で、きちんと対連動しろは兵器として、CX捲ると夢鴎が10000になり9500のしろはを越える『おとーさん 羽依里』、出したターン12500の『休日の制服 しろは』も搭載し上から取る手段も確保

f:id:ei_1423:20181104165240j:image

プランとして、1T3パンによるレベル0帯を1Tで流し連動の準備をさせない そのための20枚レベル0搭載 毎ターンCX打つ+羽依里バフ確立上昇のためのツインドライブしろは3投

f:id:ei_1423:20181104171139j:image

そもそもしろはを越えれなくとも毎ターンCX貼って3パンすればダメージレースで勝ち

詰めは光景美智留バーンで〆と絶対に風連動系には負けない構築に

 

 

しかし結果は時間切れ

ヴァイスは時間ギリギリまでかかることが多いがこれはタイトルカップ

お互い知ってるタイトル同士であるためテキスト確認による時間の消費は基本的に起きないもの

しかし現実は謎

対面は私が使うカードはおろか自身がプレイするカードすらもテキスト確認の嵐

なぜ知らないタイトルに出ようと思ったのか

これが謎でしょうがない

ターンさえ返ってきていれば美智留蒼捻って相手の山削ってリフダメ1点でどう転んでも勝ちだったが虚しく

虚無

虚無の極み

はーーーーーーーーーーー

こんだけ練って推しと切り離したデッキ選択してまでもだよ

ヴァイスにおいて遅延はお互いなんの得にもならないのでおそらく素で悪気はないのでしょうがそれにより負かされるのは流石に意味がわからなすぎる

しかもちゃんと警告3回もしたのにだ

年2回しかない大会が終わりましたとさ

それに仮に来年夏BCF2019でサマポケタイカプがあったとしても私はミリマスの方に出ますのでこれが最初で最後のチャンスだったわけで

50枚完璧に組んだのでミラー運負け以外で負けるつもりが一切なかった

 

怒ってるんじゃないんだよ

悲しいんだよ

 

1枚1枚採用枚数含めて全て理由語れるけど意味ないんでやめ

 

愚痴って少しは落ち着いたかな

 

年末年始のミリマスまでモチベ0っすね

 

モスバーガーで書いた雑な記事ですんません

 

終わりだよ〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、バトスピのエリア予選権利は確保しました